黒烏龍茶に多く含まれている重合ポリフェノール

烏龍茶は、茶葉を半発酵させることで作られているお茶だよ。
そして半発酵によってカテキン類が結合していって、重合ポリフェノールという成分ができるの。
カテキンは、緑茶とかに含まれている成分で、肥満予防効果があることで知られているよ。
なぜならカテキンには、食べた物に含まれている脂肪分を分解するリパーゼという酵素の働きを阻害する作用があるからなの。
分解されなければ、脂肪分は体内に吸収されずに、そのまま体外に排出されるようになるよ。
つまり脂肪分の多く含まれている食べ物を食べたとしても、それが体に蓄積されにくくなるってことなんだ。
そのカテキンが、複数結合している重合ポリフェノールには、一層高い肥満予防効果があるよ。
さらに、半発酵させた茶葉を長時間煮ることで作られた黒烏龍茶には、通常の烏龍茶よりも多くの重合ポリフェノールが含まれているの。だから飲むことで、リパーゼの働きがよりしっかりと阻害されて、吸収されなかった脂肪分がたっぷりと排出されるようになるんだ。
具体的には、黒烏龍茶を飲まなかった場合と比べると、2倍も脂肪分の排出量を増やすことができるの。
さらに重合ポリフェノールには、脂肪燃焼効果もあるの。リパーゼの働きを阻害しても、いくらかは脂肪分が体内に吸収されてしまうのだけれど、重合ポリフェノールは、それを燃焼させることができるんだ。体を動かすと、相乗効果で脂肪燃焼効果が一層高まっていくことが知られているよ。
脂肪分の吸収を防ぎつつ、燃焼を促進するのだから、黒烏龍茶にはかなり高いダイエット効果があると言えるよ。だから多くの人が、肥満予防やスリムな体作りのために、食事の前後や運動の前後に、黒烏龍茶を飲んでいるよ。